モモ4歳とあきちゃん1歳の日記


by snowpeachflower
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 あきちゃんはもう少しで20ヶ月、モモはあと3ヶ月で5歳になる。

 先月の終わりに今年は早めに新学期が始まり、モモもこっちで言うキンダーガーテン
 日本で言えば幼稚園になった。これから半日だけれども毎日学校に通う為、3年も
 通ったおっちゃんの所にもお別れして新しいデイケアにあきちゃんと入ることになった。

 心配していた新しいデイケアだけれども、スタッフの人は皆良い人でモモもあきちゃん
 も喜んで通ってくれて助かる。ただ、ひとつ不満なのは食事面。いつもフレンチフライ
 や冷凍の物で、おやつはチョコレートやチップスをあげているらしい。野菜や果物は
 まったくでないので今までお腹がいつもゆるかったモモでさえも便秘になるようになって
 しまった。なので家でできるだけ栄養のあるものを食べさせなければと夜は野菜や
 お米中心にしている。

 先月、モモもあきちゃんもそれぞれ健康診断があってあきちゃんは平均よりも身長は
 少し高めの84cmで体重は10.5KGでちょっと少なめ。
 モモは101CMで体重は15KGと平均より小柄。
 二人とも健康にすくすくと育っている。

 あきちゃんも少しずつ話せるようになってきた。今のところ

 わんわん=犬
 ば   =バルーン、ボール
 バイバイ=バイバイ
 ネンネ =寝んね
 ブーブ =車
 ンマ  =エマ
 ママ  =ママ
 にゃにゃ =にゃんにゃん
 ダデ  =ダデイー
 ゴロ  =ゴローン (と言ってねっころがる)
 ココ  =????ココ?
 ピンー =ピンク
 他にも色々と「あきちゃん○○って言って」と聞くと頑張って言おうとする。
 また大体言っていることが分かるようになってきているみたいで「これを捨ててきて」
 「これをして」などお願いするとできるようになってきている。
 あきちゃんの場合はモモの時とは違ってデイケアにいる時はずっと英語になるから
 日本語と英語で混乱すると思うし、また男の子は女の子に比べて話すのが遅い
 ということで言葉は遅いだろうなと思っている。だからと言ってモモのおしゃべり
 にうんざりしていから遅いなら遅いで全く心配してない。

 モモはデイケアの人や他の人が言うにはとっても良い子らしい、、、が家では
 わがまま、グチグチがひどい。まあ、どこの家でも同じ事を言っているのだと
 思うけれども、何度言っても同じ事をするしやらかしてくれるのよね。
 私は誰に似たのか分からないけれどもものすごい短気なのですぐぶちきれて
 怒鳴ってばかりだけれども、二ールは滅多に怒らない。全く感心する。
 「イライラしないの?」と聞くと「するよ、でもそんなに怒ってばかりだと反対
 にホントに怒っている時にわからなくなっちゃうから」ですと。全くあっぱれです。

 デイケアではパートタイム料金がないから週5日通わせて仕事が休みの金曜日
 は家事をしてあまった時間はできるだけこのブログを更新できたらと思っている。

 と言う事で、、、また来週!?
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-09-05 08:59

2009年夏の旅行


 またまた久しぶりの投稿。

 今年の夏はカリフォルニアに10日間旅行に行った。最初にサンデイエゴに行って
 サンデイエゴ動物園へ。
 とっても大きな動物園で暑い中あきちゃんを抱っこしながら園内を歩き、デイズニ
 ーランドに行くと知っているモモは興奮しすぎてか愚図り、動物園内で泣き叫けび、、、
 としょっぱなからその後の旅行がわかるような嫌な感じがしてきた。

 サンデイエゴには2日泊まりその後デイズニーランドがあるアナハイムへ。アイリスイン
 と言うホテルに泊まったのだけれどもサービスがとてもよく4日間とっても気持ちよく過
 ごすことができた。

 デイズニーランドには1日目に朝から夕方までいたのだがホテルの人も暑い日だったと
 言うくらいに暑かった日だった。
 しかし、すいているアトラクションからどんどん乗っていったので1日目でほとんどの
 アトラクションに乗ることができた。あきちゃんが3ヶ月の時に東京デイズニーランドに
 連れていったけれども、やはり何にも覚えてなかったらしく(当たり前だけど)
 何がなんだか分からない状態でメリーゴーランドに乗せようとしたら嫌がり馬に乗ろうと
 しない。仕方がないので私が一緒にメリーゴーランドの馬にまたがり乗ってあげたら降り
 なければいけない時には降りたくないと馬にしがみついて離れず泣き叫ぶ程に。

 1日目でへとへとになったので次の日はモールに行きショッピングをし、夜に花火を見
 にデイズニーランドへ。日本の花火の方がすごいだろうと思ったけれども、それが
 なかなか、ストーリーと音楽にあわせて花火があがりとても素敵だった。
 初めて花火を見るモモはそれはそれは夢中で眺めていた。

 アナハイム最終日にカルフォリニアアドベンチャーワールドに行ったのだが、
 まだ工事をしている部分が多くほとんどの乗り物に身長制限があるので早めに引き上げ
 夜に花火を見に戻った。
 前回寝ていたあきちゃんも今回はホテルでぐっすりと昼ねをしたので起きていたのだ
 けれどもまだ、花火には興味がない様で他の人が持っている風船が欲しくって仕方がな
 いようで「ばーばー(バルーン、バルーン)」と言いながら花火よりも風船に夢中で
 モモは反対に真剣に花火を見上げていた。
 
 その後はロサンゼルスの空港のそばのホテルに泊まりビーチに行ったりショッピングを
 したりホテルのプールで泳いだりとゆっくりしたりでとても楽しい充実した旅行であった。

 以上が2009年夏の旅行で、家に帰ってきたらまた仕事の毎日。週末は庭に新しい
 デッキとパゴラと言うものを作っている。正直に言うと私が子供たちの面倒を見て旦那の
 二ールが作っているんだけれどもね。簡単かなとはじめは思っていたけれどもこれが結構大変。
 二ール、ご苦労さまです。

 
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-09-05 06:13

久しぶりに、、


 久しぶりに投稿してみようかなと思ってココを空けたら3ヶ月もほっとらかし
 にしていたのね。

 仕事が始まってから毎日があっと言う間に終わっちゃう。週末は週末で家の掃除、
 洗濯、1週間分の食事の下ごしらえなどでまったく自分の時間がなくなっちゃた。

 そんな中であきちゃんも、モモもすくすくと成長している。特に昨日はあっと思った
 事があったのでブログに載せなければなあと思って久々に開けてみた。

 まずモモはまったく頭が良くなってきた。良いほうにも、悪いほうにもね。
 他の子よりもゆっくりだけどもまず1~20くらいまで読めて数えられるようになった。
 ABCのスペルもじょじょに覚えてきている。英語はまだまだだけれども日本語の単語
 はすごい増えた。そこで悪知恵もでてきているのよね、、、。
 
 モモにはお気に入りのブランケットがあってあかちゃんの時からそれを触りながら指を
 しゃぶる。
 おかげで家にいればずるずるとブランケットをひきずり指をしゃぶっていて、旅行に行く
 時も肌身離さずにいた。
 もうモモも4歳だし、来年からは小学校に入ることもあるけれども、一番気になっていた
 のは指しゃぶりで歯並びが悪くなっていた事。
 特に前歯の2本が前に出っ張りはじめ、その下の歯は口の中のほうに倒れてきて
 歯を食いしばっても前歯が開いて舌も出せてしまうくらいのオープンバイトになってしま
 った。自分が歯科矯正院で働いて、何人もの患者が大きくなってから口の中に装置
 を入れて指しゃぶりをやめなければいけないのを見ているので出来れば早くから指しゃぶ
 りをやめさせたかった。単純にブランケットを取れば指をしゃぶらなくなるかな?と考えて
 いたところ先週ブランケットを取る機会ができた。

 あきちゃんが大きくなってきてモモのブランケットを触るとモモが怒っていたのでブラン
 ケットはモモの部屋に置いておかなければいけない約束だったのに先週は、ブランケ
 ットを下の部屋に持ってきていて、私に見つからないように隠していたの。そこで

 私 「何しているの?」
 モモ 「何にもしていない」
 私 「いや、ブランケット見えてるよ、上の部屋に持って行って。」
 モモ「。。。。。。」
 私 「モモの部屋に持っていかなければいけない約束でしょ?上に持って
    いかなきゃ」
 モモ 「。。。。。。。」
 私 「モモ、部屋まで持って行きたくなければ階段まで持っていって」
 モモ 「。。。。。。」
 私 「モモ!?」
 モモ 「マミーの言っていることがわからない」
 私  「OK, I am going to say in English. Can you bring your blanket
to your room please?]

モモ  「NO」

 あまりにも腹が立ってガレージに持っていって、「もう、捨てる!!」と怒鳴ったら
 「ごめんなさい~、マミーの言う事聞きたい~」ともう泣く泣く。
 でも仕事に行かなければいけなかったから「いや、もうブランケットとはバイバイし
 ようね」と言って車に乗り込んだものの、かわいそうな事しちゃったかな~と一日中
 考えていた。
 仕事から帰ってきてモモとあきちゃんを迎えに行くとちょっとだけブランケットの事を
 聞いたが、しつこく聞く事がなかったのでそのままにしておいた。
 
 すると昨日、すっかり私はブランケットのことを忘れてたのにガレージでモモがブラン
 ケットを見つけて
 モモ 「モモのブランケットが見える」
 私  し、しまったと思いつつ平然な顔をして「ホント?」
 モモ 「でもね、モモ、もうブランケットいらない」
 私 「えっ、何で?」
 モモ 「モモはもうブランケットなしでも一人で寝れるから」
 
 もう、感動しちゃったわ。これで指をしゃぶらなくなれば作戦大成功。

 モモの話で長くなっちゃったけれども、あきちゃんはと言うと、あんまり変わってないか
 なー。相変わらずぐずぐずしているし。
 でも、ご飯はほとんどもう大人と同じのを食べれるようになってスプーンも上手に使える
 ようになってきた。

 ココ最近はいないいないバーにはまっている。
 ドアの後ろに隠れてその後、宝塚スターのように派手に手と足を広げて「バー」っと出て
 くるのだけれどもそれがとってもオーバーでおもしろい。

 女の子と男の子を育ててみると違うことが多いのに感心させられる。まあ、子供に
 よっても違うと思うのだけれども、モモがお絵かきが好きならあきちゃんはボール遊びが
 好きだったりどこでも登れそうなところはよじ登ろうとしたり、気になるものは全てチェック
 しないと気がすまなくって、かと言えばモモは抱っことかせがんだことがなく買い物に
 連れて行ってもおとなしく買い物のカートに乗っていたけれどもあきちゃんは甘えん坊
 でしょちゅう抱っこしてしていなければいけなく、買い物が大嫌い。
 正直言って手がかかるのだけれども、あっと言う間に育っちゃうんだからちょっとの間
 だと思うと反対に貴重にかんじるのよね。
 

 それでは今度時間があるときに写真でもアップしますか。


 
 
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-04-13 20:56

証拠写真


 金曜日は仕事がないのでゆっくり、、、といきたいけれど、朝3時半にあきちゃん
 に起こされた。どうやら私の風邪が移ったようで鼻が詰まって寝れないみたい。
 しかもまた熱出してるし。私とまるっきり同じ症状だからこれから1週間治るのに
 時間がかかるだろうな。はあああ。

 今週から仕事にフルタイムで戻った。会社の皆に「仕事に戻った感想は?」
 と聞かれるけれど、仕事は全く大したことはない。むしろゆっくりお昼が食べれるし、
 仕事をしている間は「マミー」でいなくていいのよね。
 でも仕事が終わってすぐに車に乗り込み2人を迎えに行ってベッドに寝かせるまで
 がひと仕事。まったく自分の時間がなくなった。でもね、こんなふうに大変なのも
 あっと言う間に終わっちゃうんだろなって思うと不思議と「大変」と感じないのよね。

 モモとあきちゃんはお互い大好きなのにいっつもけんかしている。お互いしている
 遊びが気になるらしく(特にモモが)あきちゃんが遊んでいる物を横取りしては
 あきちゃんが「きー!」って怒る怒る。なのにモモがいないとつまんないようで 
 一人で遊べないの。

 証拠写真
e0022033_4294663.jpg

はじめは別々に入っていたのに
e0022033_430668.jpg

あきちゃんの方がいいらしくモモが移動。
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-31 04:28

誕生日ケーキ

ちょっと最近文章ばっかりだったので久々に写真を。

誕生日があった週末、具合もよくなったということでチーズケーキと
ピザをあきちゃんの為に作ってみた。
モモの時はデコレーションに凝ってみたけれどもあきちゃんはそのまんま
シンプルチーズケーキ。ま、男の子だからいいでしょう。

普通の離乳食を食べた後ピザも小さいのを一切れ食べた。だから口のまわりが
きたないの。

写真を見れば分かるようにキャンドルの火に興味があり触りたいけれども
触らせてもらえず泣きわめいて、最後は機嫌良くチーズケーキをほおばっている
様子でございます。

e0022033_792394.jpg
e0022033_7164959.jpg
e0022033_7171237.jpg
e0022033_7173080.jpg
e0022033_7174528.jpg

[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-27 07:23

最近の考え


 今週の月曜日から仕事に戻った。以前のボスはセミリタイヤして新しい 
 ボスに今週はあきちゃんがデイホームに慣れる為にと午前中だけの出勤
 にお願いした。

 モモの時のデイホームの初日は心配で仕方なかったけれどもあきちゃんは
 モモも一緒だしとそれ程心配することもなく、実際あきちゃんもおもちゃが沢山
 あるということと他の子供もいるので旦那がドロップオフした時は全く泣かないで
 むしろ旦那そっちのけだったよう。

 ただ、お昼に向かえに行くといつもなら午前中に1時間程昼寝をするところ
 寝れないらしくて不機嫌気味になっていて車に乗せたとたん大泣きしたと思え
 ば家に着く頃には爆睡している。

 あきちゃんはホント社交的というか、他の子と遊ぶのが大好きで、家に居れば
 私に甘えてばかりだったし、仕事に戻ってホントよかった。
 私も久しぶりの仕事ではじめはとまどっていたけれども大分本調子に戻ってきて
 時間の合間に同僚と話すのは楽しい。

 さて、本題に入る分けだけど、最近の悩みと言うか考えと言うか、、なんだか
 タイトル思い浮かばなくって。
 
 モモは今年でカナダで言う幼稚園に行く。こっちでは9月に新学期が始まるの
 にもう新年そうそう入学の手続きが始まっている。
 こっちでは大体、家から近い幼稚園に行くのだけれども私達が住んでいる所は
 新しいコミュニティーなので学校が建てられる場所と予定はあるのだが、まだまだ
 学校が出来るのは先のようで出来るまでは他の学校を選ばなければいけない。

 で、その学校選びで悩んでいて、まず選択に入るのはバスが通っているところ。     そして次に学校方針を考える。
 あまり遠すぎるとバスに1時間くらい乗っていなければいけないのでまだ4歳の
 モモにはかわいそうだし、近場の学校ではバスがないとかあって、絞ったのは
 今のところ2つの学校。1つの候補は進学学校で30分程の宿題が毎日出され
 るらしい。
 もうひとつはスペイン語を2ヶ国語として教えられる学校。普通はカナダでは第二
 国語はフランス語なんだけれどもここはスペイン語を教える。ここが候補に挙がって
 いるのはデイホームのおっちゃんの子達が通っているので一緒にバスに乗って
 行けるから。

 考えさせられるのはこの2つの学校は全く対照的だから。モモは学校が大好きで
 自ら進んで勉強をしたいタイプ。でも毎日強制的に宿題をこなさなければいけなく
 なったら、反対に勉強嫌いになってしまうのではないか?と自分が勉強嫌いだった
 ので思ってしまう。でも反対に自由だと自分の意思で何事も行動、考えをださなけ
 ればならない。

 こんな悩みから勉強だけでなくスポーツでも、また自分の考え、発想というものは
 いつから、またどこから学ぶのだろうと考え始め、どんな子供になって欲しいか
 とここ最近考えている。

 自分の子供に欲しい物。当たり前だけど、身心の健康が第一。
 素直にそして病気も事故もなく成長して欲しい。その次には他の人に大しての思いやり
 があってかつ、自分の考えをしっかり持って行動出来る人になって欲しい。

 ちょっと長くなっていることと、モモを学校に送らなければいけないので今回は
 これまで。


 
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-24 00:29

あきちゃんその後


 さて、タイトル通りあきちゃんの様態だけれども、ほとんどいつもの
 あきちゃんに復帰した。

 抗生物質をはじめて翌日くらいから下痢がはじまったので薬が強いのかな?
 と思っていたら熱が下がりはじめた月曜の朝には上半身を集中して湿疹ができ
 はじめて、高熱が出たあとに出る突発性湿疹だったのかな?と思っていた。

 熱が下がって機嫌も良くなっていたので火曜日に1歳検診があるからと病院
 に検査に行かなかったら火曜日の検診であきちゃんは抗生物質のアレルギー
 だと分かった。下痢も湿疹もアレルギー反応ということで抗生物質は止めるよう
 にと言われ唇も乾燥して割れているし、肌も乾燥してはりがないし泣き声も弱い
 から赤ちゃん用のスポーツドリンクを買って、もし受け付けないようなら緊急病院
 に行って点滴をするように言われる。

 そう医者から言われたらもっと心配になりスポーツドリンクを病院の帰りに買って
 飲ませると少しばかりか飲んでくれて、その水分と糖分で元気がでたのか夕食
 も食べ始めるようになったのでもう一晩様子をみることに。

 そして次の日朝ごはんも少し食べ唇の乾燥もよくなって前日よりもしっとりしてきた。
 下痢も抗生物質を飲んでいた時は1日に5回くらい下痢をしていたけれども1回
 に減ってきたし緊急病院は行かないことにした。と言うのもモモがちょうど1歳に
 なった時、モモも具合が悪くなって緊急病院に駆け込んだのだけれども6時間
 またされてしてもらった事はアイスキャンデーをもらっただけ。ちょっと水分が
 取れていれば大丈夫って言われて帰されたんだもの。こっちは医療費がタダ
 だからかか、ホントにひどい状態でないと相手にしてもらえない。クリニック
 の先生とヘルプリンクのナース、緊急病院の先生の意見がそれぞれ違うから
 どれを信じていいのかまったく分からない。

 火曜日はあきちゃんの誕生日だったけれども具合わるかったし。キャロットケーキ
 を作ったけれどもまだお粥やスープ以外は食べれないので今週末に遅れた誕生日
 をする予定。

 ホントとても不安な1週間だったな。全く自分が病気になるより子供の具合が悪く
 なるほうが辛い。

 
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-16 01:27

年明けそうそう


 モモもあきちゃんも風邪と急性中耳炎でダウンしています。

 今週はじめからあきちゃんが風邪をひいたかな?と思っていたらその菌
 が耳に行ってしまったようで水曜日の朝から熱を出し始めその次の朝は39度
 5分の熱が出たのでクリニックに行って診てもらった。

 1日様子をみて次の日になっても熱が下がらないようなら抗生物質を飲ませて
 と言われて処方せん貰ったけれどもその帰り際に抗生物質買って帰ればよかった
 と後悔するほど夜中に何度も起こされ解熱剤を4時間ごとに飲ませても熱は一向
 に下がらなく,とても不安な夜を過ごすことに。そこで翌朝モモを学校に送った後
 薬局に直行し抗生物質を手に入れた。

 こっちの子供用の薬はとっても甘く味がついていて匂いもバナナやチェリー
 などなんで?って言いたくなるほど強烈についているのだけれども甘いのが
 苦手なあきちゃんは抗生物質も解熱剤も甘すぎて何度もオエッとなりながら
 飲んだけれども3回目くらいからは薬を見るだけで抵抗するようになってく飲
 んだらすぐに戻してしまうので、かわいそうだけれども吐いた後、また飲ませる
 の繰り返し。

 抗生物質や解熱剤を飲ませたものの熱は一向に下がらずにむしろ上がって
 41度にもなり首筋や背中をタオルで冷やしたら少し体温が下がって安心
 したものの熱の辛さと耳が痛いのか10分おきに起きて泣き叫ぶ。もうかわ
 いそうで出来るならかわってあげたいとばかり思っいながらまた一晩を過ごす。
 そして今朝に与えた解熱剤が効いたのか熱が少し引いて昨夜寝れなかった分
 日中寝てくれたので少し安心した。

 
 モモはデイホームから帰ってきて夜ご飯も食べずに寝てしまったと思ったら夜中
 あきちゃんの泣き声で深く寝れなかったのかひどい咳をずっとしていてそれ以来
 ずっと咳き込んでいる。でも家中走り回って大声だしているんだからあきちゃん
 に比べれば全くたいしたことないのだけれどもね。

 中耳炎って日本ではあまり聞かなかったけれども、こっちでは小さい子供がよく
 なる。ネットで調べると耳の中の官があかちゃんは真っ直ぐで短いから風邪を
 ひいた後、菌が耳に行きやすいらしい。昨日あまりにもひどい熱だからナースに
 電話して相談したら中耳炎になるとものすごい耳が痛くなるみたいで特に横に
 なるともっと痛くなるらしい。まったく中耳炎を甘くみていたわ。
 ナースが言うには48時間くらいで抗生物質が効いてくるみたいだから明日には
 良くなってて欲しいな。

 なんだかホントこのブログは育児日記で自分以外の人が読んでも楽しくないと
 思うのだけれども、まあ日記として書いているので読みたい人だけどうぞ。
 
 今度は料理の事とか載せようかな。
 そうそう、今日はオーガニックストアで黒豆を見つけたから黒豆を甘く煮てみました。
 結構ふっくら出来てなかなか。大豆も買ったので明日は納豆を作る予定。
 手作り納豆って美味しいのよ。
 
[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-10 12:39

 年が明けましたね。2009年、そう言えば私ってば年女なのね。

 まあ前回の投稿からクリスマスがあって正月があって、、特別なことは何も
 していないけれども子供がいるとこういうイベント事は楽しいものだなと実感した
 年末年始でした。

 2008年のクリスマスはイブに友達ファミリーに家に来てもらい一緒に飲み、
 翌日のクリスマスの朝には恒例のプレゼントを開けほぼパジャマで1日中家に
 居て家族4人でターキーを食べてまったりな1日を過ごした。

 クリスマスが終わったらモモは初めてのスキー教室に通った。日本のお父さんに
 ビデオカメラをクリスマスに買ってもらったので(ありがとう!!)ビデオばかり撮った
 ので写真はないのだけれども4日間でかなり上達した。
 ただ、クラスの中でモモが一番小さかったので力がなく転ぶと自分で立てないのと
 他の子よりもスピードが出せないのが悔しかったのか悲しかったのか最終日は
 大泣きしてしまった。
 でも泣いた後はけろっとして今度はダデイーと一緒にスキーに行くと言い出したので
 一安心。

 大晦日は天ぷらそば食べて、その後は皆でナルニアと言う子供向けのファンタジー
 映画を見ていたけれどもまずあきちゃんが寝て、次にモモ、そして私も映画が終わ
 りカウントダウンまで待てずに寝て旦那は一人で年を越したそう。

 正月はおせちは作らずもちだけ作ってお雑煮を食べた。子供ってみんなおもちが
 好きだと思ったけれどもモモはあまりおもちが好きでないらしくお雑煮は食べなかった。
 まあ、また好みが変わって好きになるだろうと思うけれども。昔はお肉が嫌いだった
 けれども今は大好きだしね。

 話はあきちゃんに変わって、もう来週であきちゃんが1歳になる。モモの時は張り切って
 プレゼントとか用意したけれどもあきちゃんのはまったくしてない。(かわいそうに)
 もうだいぶ歩くのが上手になってかなり早く歩けるようになった。以前は方向をかえる
 のに手間取っていたけれども最近は片足でくるっと回転して方向をかえることができる。
 階段もものすごいスピードでおりることができるので階段につけていたゲートもほとんど
 閉めないようになってきている。

 言葉も少しずつ分かるようになってきて「ちょうだい」と聞くと持っているものをくれる
 ようになったり本を読んであげると真剣に聞くようになってきている。

 食べる量もぐんと増えて大人茶碗軽く一杯食べれるようになった。ご飯の硬さも 
 お粥から軟飯になりもぐもぐするのも上手になったけれども、まだ固形上のバナナ
 やにんじんなどは小さく切ってあげないと手で遊んでしまう。

 夜の授乳は今だに1~2時間おき。あげなくて済むのならいいのだけれども
 あげないとおお泣きして部屋中を歩き回りしまいに目が覚めてしまうのでつい根性
 負けしてあげてしまう。まあそのうちいつか止める時が来るからその時でいいかな、
 なんて気軽に考えているのだけれども。

 そうそうお遊びの中で電話のおもちゃでも本物を渡してでもちゃんと耳をあてて
 「だだだ、、」などまねをするようになってその姿がとてもかわいらしい。
 
 半年前までは泣いてばかりのあきちゃんだったけれども私の姿さえ見えなければ
 ほとんど泣かないで一人で遊んだり、モモにかまってもらえるようになった。
 仕事に戻るまであと1週間。なんだか安心して仕事に戻れそう。

 
e0022033_1119119.jpg

 
 
e0022033_6192554.jpg

[PR]
# by snowpeachflower | 2009-01-08 10:40

あきちゃん出産記録

  
  先週の13日にあきちゃんは11ヶ月になった。
  もうハイハイはほとんどしないでヨチヨチと言う言葉がまったく似合う
  ように歩いている。
  
  もう少しで1歳のあきちゃん。忘れないように出産時の記録を残しておこう。

  2008年の1月13日 10時27分に誕生した。
  体重は3273g 身長は55cmとちょっとのっぽな赤ちゃんで
  あった。
 
  今回は仕事場の同僚は予定日近くまで旅行に行ってしまうということで
  予定日(1月23日)ぎりぎりまで働かなければいけなかった。
  皆がまだ出てきては駄目と私のお腹に向かって言うなか12月下旬から
  そわそわしていた。
  モモは予定日より2週間早めに生まれてきたし2人目は早く生まれると
  医者から言われてたからだ。

  しかしクリスマスも正月も順調に何事もなく過ごせお腹のあきちゃんも
  元気に動いていた。ただ11月頃からはじまった座骨神経痛にひどく
  悩まされていた。ちょっと歩くだけで腰から足にかけて電気が通るような
  びりっ!という痛みで息をなんども飲み込んだ。
  しかし座骨神経痛は辛かったけれども体重管理の為と出産の時の為に体力 
  をつけようと毎朝40分程の散歩はしていた。
  
  1月11日夜明けにヌルッっという感触で起きた。破水したのかな?
  と思ってトイレに行くとかなりの量のピンク色のおしるしがあった。
  モモの時も同じようにおしるしがあってその4~5日に生まれたので
  様子を見ることにした。
  いつ陣痛がくるのかなとゆっくりしている間だんだんおしるしの色が濃く
  なり量も多くなってきてさすがにモモの時よりも量が多かったのでちょっと
  不安になってきた。
 
  そう言えばモモの時はおしるしが来てすぐに病院に駆け込んで1度帰された
  思い出があるなあ。

  11日の夜になって今夜陣痛がこなかったら明日飲茶食べたいなあと夕食
  食べながら言っていた。
  そして生まれたらゆっくり眠ることができなくなるといつもよりも早めに寝た。

  12日の朝もいつもどうり散歩をして昼には念願の飲茶を食べた。
  その後ウオールマートでまだ買っていなかった赤ちゃん用品を買い
  マクドナルドでアイスを食べながらもう少しで4人でアイスを食べに
  くるんだねとしみじみ話した。
 
  家に戻り天気もいいからと旦那とモモと3人で散歩に出かけたのが
  陣痛のきっかけになったようで夕方5時ごろから鈍い腰の痛みが出て
  来た。しかしまだそれ程痛くもないので夕食も普通に食べる。
 
  7時頃から痛みが増してきてベッドで横になりながら痛みの間隔を
  を計ってみると15分前後でまだ規則的ではない。

  9時にモモを寝かせて夜中に病院へいつでもかけこめるようにとシャーレット
  を家に呼んだ。少しシャーレットと話していたけれどもできるだけ寝ておこう
  とベッドに行き痛みの間にうとうとして出来るだけ睡眠時間を増やそうとしてみた。

  しかしだんだん強くなってくる陣痛で眠ることができず明け方の4時まで
  一人で頑張ってみたものの辛くなってきたので旦那を起こしそろそろ病院
  に行きたいと伝えると旦那も落ち着いて車の用意をした。

  モモの時は車の中であまりの痛さに叫んでいたけれども今回は2人目で
  余裕があるのか陣痛の合間に旦那と笑って話す。
  
  病院に着いてたのが4時30分頃、産科の棟に行った。何もかもがモモ
  の時と一緒で懐かしい。
 
  日本でいう陣痛室にまず入りお腹にモニターを巻かれてあきちゃんの心音、
  陣痛の間隔をチェックしたあと先生が来て子宮口が何センチ開いているか調べた。
  結果は5cm。普通だったら帰されるけれど2人目ということもあるからと
  いうことで帰されずに済んだ。
 
  6時半頃ナースが来て子宮口を調べると5cmのまま。どんどん陣痛が
  強くなってきているし子宮口もやわらかいらしいのだけれども思うほど子宮口の
  開きが遅いからと病院内を歩くように言われる。陣痛はもう3分置きくらいにくる
  ので歩いてもすぐにうずくまってしまう。30分ほど歩いたのだろうかナースから
  分娩室への許可が下りた。

  分娩室に行くととても元気な明るいナースが迎えてくれた。モモの時はどうだった
  とか色々質問され、陣痛の波がくると腰などをさすってくれる。無痛分娩が希望?
  と聞かれて「今回は麻酔なしで産みたい。」と伝えると「あなたなら大丈夫。」
  と太鼓判をおされる。
  しかしどんどん強くなってくる陣痛がかなり辛くなってきて呼吸で痛みを逃そう
  としても頭の中では「無痛分娩にしとけばよかったかな~。」とばかり考えて
  いた。

  もっと陣痛の間隔が短くなってきてナースが話しかけてくるが答えられなくなって
  きてどうしようもなくなってきたので笑気ガスのリクエストをしてみる。
  しかしガスをすっても痛みはあまり変わらなかった。

  そんな中担当のナースが休憩に入るということで別のナースが来る。
  彼女が子宮口をチェックするとあきちゃんの頭の位置があまり良くないと言う。
  痛みを逃せるのと頭の位置を変えるということで体の姿勢をかえてみてと
  言われるがあまりの痛さでうづこまるばかりだった。
 
  そして「最後にいつトイレに行った?トイレに行ってみない?」と言われトイレ
  に行って用を足そうとした時、「ボン」という何かが破裂するような音がした
  のでト便器の中を軽くのぞくとトイレの中にある尿を受け取る皿に赤い液が
  入っていた。「破水したかも、、、」とナースに言おうとしたら今までの
  何倍の痛みが襲ってきた。思わず「ぎゃー!!!」と今まで出した事の
  ない自分の声とも思えない声で叫んでしまった。
  
  もう歩けないのでナースと旦那に肩をかついでもらって分娩台に戻ると
  あまりの痛さで泣き叫んだ。そしてナースがなだめるように「今すぐ医者が
  くるから!」といいながら腰をさする。そして医者がすぐに来て子宮口を
  チェックすると「9.5cm」との答えが、、、。「そんなもう我慢でき
  ないー!」と声を震わせながら答えるとナースから「大丈夫、先生がどうにか
  子宮口を開けてみるから!」と言われ、そして医者がなにやら手を入れて
  ごりごりはじめたのかな、もうパニックになってたのでよく覚えていないけれど
  その後すぐに「OK、プッシュしていいわよ!」と言われた。

  不思議なもので「プッシュしていい」といわれると冷静になって痛みが消えた。
  そしてプッシュしようと力をいれたら「びり!!」と座骨神経の痛みが走った。
  「あああ、やっぱり」と思ってプッシュをいったんやめて医者に「座骨神経通
  が、、、。」と言うと、医者もナースも「それは痛い。」と同情された。

  座骨神経痛が怖かったけれどもプッシュしなければ産めないということで
  もう一度気合を入れて力を入れるともう燃えるように熱く痛い。
  でも医者もナースも「プッシュ、プッシュ!」と言うので冷静に「痛いのよ」
  と言うと医者は「痛いものなのよー、頑張って。」と言う。
  なのでもうやけくそに力をいれると痛みで涙がぽろぽろ勝手にでる。
  そして「はいー、ストップ」の声がかかった。 もう頭が出たのだ。
  次に「ゆっくり力を入れてー。」との声に従って力むと
  するっと産まれたとたんに「おぎゃあー!!」と大きな声が聞こえた。
  
  モモの時は生まれてすぐに泣かなかったから心配だったけれどもあきちゃんの
  場合は泣き声がすぐに聞こえたので、安心とあまりの痛さからボーっとして
  しまってその後のことはあまりよく覚えていない。

  下の処理がおわってその後シャワーを浴びた。モモの時は無痛分娩だった
  から産んだあと歩くのが大変だったけれども、今回は今出産したの?と自分
  でも思うほどすたすた歩いてシャワーを浴びた。

  シャワーから出るとシャーレットとモモが来ていてあきちゃんを抱っこしていた。
  モモはもうこの時からお姉ちゃんの顔をしていたな。
  
  
[PR]
# by snowpeachflower | 2008-12-19 08:59